うつ病に困っているならエビリファイを使って楽になろう!

家族の理解が必要な統合失調症

統合失調症とは、不思議な体験の幻覚や幻聴、被害妄想の症状で独り言が多い事や異常に興奮する、感情が常に不安を感じている、が特徴となり、うつ病と精神科で診断されます。
日常生活や社会生活において、考えや行動が困難になり、引きこもりや自殺を考えてしまう事があります。

統合失調症の多くは思春期の10代後半から青年期の30代に発症する方が多い病気のようですが、生活環境の変化でのストレスや遺伝が大きく関わりが大きな原因とされている。
治療については、医師とカンセリングをしながら、継続・規則的にお薬を飲む方法になります。
お薬には、再発予防や気分を緩和される、睡眠をよくするなどで飲む薬が異なります。
効果が現れるまでは、人によて、数日から数週間いかかる事があり、根気よく治療して行く必要があり、家族の理解や協力してもう事が良いでしょう。

回復したと独断で判断して、治療を辞めてしますと、症状がぶり返してしますので、回復期でもお薬は大切です。
副作用については効果作用と副作用が両方持っています。一般的に症状が現れるのは、便秘、口の乾燥、眠気、手の震え、ろれつがが回らないがあげられていますが、生命に関わる重大な症状まではならないので、安心してください。
専門医の指示を無視して、効果がないと錠数を増やす、別のお薬に変えるなどは強い副作用になる可能性がある為、やめましょう。
 
医療機関でうつ病患者に使用が多い医薬品はエビリファイとなります。
エビリファイは有効成分アリピプラゾールの作用で統合失調症、双極性障害における症状改善の為に、トレントファーマ会社が初めて開発しました。
その後、60か国以上の国と地域で承認され、日本では2006年1月に大塚製薬商品名エビリファイで承認されました。
うつ病は本人の自覚と家族、医師がチームワークで立ち向かえるのが良いでしょう。
症状の辛さなどを理解してあげたり、日常の生活の復帰を協力してもらうのが理想です。